ロバのつくった道 たくさんのふしぎ237号

メキシコ市近郊のオトゥンバ村で「ロバの日」が盛大に祝われるわけ

むかし、山に囲まれたメキシコの村に、ひとりの若者がロバとふたりで住んでいた。

村を出ることはなかったから、道はなかった。

ある日、ふたりはジャガイモをロバの背に積んで歩きだした。

はるか遠くの町をめざして。

その日から、ふたりはジャガイモを町に運ぶようになった。

すると、ふたりの歩いた野や山にかすかな一本の線のような道ができた。

それが初めての道だった。

そして、時は少しずつ流れていった……。

(出版社の内容紹介より)

★ おひさま堂からひとこと

何百年も昔のことではないはずなのに、まるで昔話のように進行するお話がとても楽しい。

時代は変わっても、人とロバの関係が変わらず続いていることにちょっと驚きました。

メキシコ美術に魅せられ、メキシコに移住した竹田鎮三郎画伯原案の絵本です。

書籍DATA

武田鎮三郎:原案/絵 清水たま子:文
新刊時定価:700円
出版 : 福音館書店
サイズ : 25×19cm / 40p
発行年月日:2004/12/1 通巻第237号

本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズなどあります。
・天地小口は綺麗です。
・中身は綺麗です。
・折込付録のふしぎ新聞付き。
・ソフトカバーの雑誌です。