アザラシに会いたい たくさんのふしぎ240号

アザラシを通して北の海で生き抜く命を写し撮った写真絵本

北海道にある小さな島、天売島には、冬になるとゴマフアザラシの群れが上陸し、暖かくなるとふたたび北へと旅立っていきます。

この島でアザラシの写真を撮りつづける著者は、天売島には赤ちゃんアザラシがいない、ということをふしぎに思っていました。

赤ちゃんアザラシをさがすために真冬の知床を訪れた著者が、つめたい流氷の上で出会ったものは、生まれたばかりのまっ白な赤ちゃんアザラシでした。

(出版社の内容紹介より)

★ おひさま堂からひとこと

アザラシに会いたくなる著者の気持ちがわかります。この絵本を見ると、

瞳が可愛い!

寝姿もキュート!

口角が上がった口元に胸キュン!

となりますからね〜 (笑)

書籍DATA

寺沢孝毅:文/写真
新刊時定価:700円
出版 : 福音館書店
サイズ : 25×19cm / 40p
発行年月日:2005/3/1 通巻第240号

本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズなどあります。
・天地小口は綺麗です。
・中身は綺麗です。
・折込付録のふしぎ新聞付き。
・ソフトカバーの雑誌です。