くわずにょうぼう ものがたりえほん36

¥ 200 税込

加算ポイント:2pt

商品コード:

数量

子どもたちを恐いけど面白い昔話の世界に誘います

欲張り男のところに、よく働くが飯を食わない美しい女がやってきて女房になりました。

最初は喜んだ男でしたが、ある日、蔵の米がごっそり減っているので、隠れて見ていると、女房は男の留守に米を炊き握り飯を作ると、髪をほどいて頭のてっぺんの大きな口から食べてしまいました。

女の正体が鬼婆だったことを知た男は、鬼婆にとらえられ……

(出版社の内容紹介より)

幼稚園や保育園への専売商品として、福音館書店の「こどものとも」の作品の中から、人気が高い良書36冊を選んで、定期配本の形でこどものとも社より販売されている「ものがたりえほん36」の中の1冊です。(配本年度は、下記書籍データをご参照ください)

★ おひさま堂からひとこと

怖いおはなしをテーマにした、おはなし会には外せない定番の1冊。

ですから、当然怖いです!

頭頂にある大きな口で握り飯を食らう女房の絵の怖さは、赤羽さんならではのもの。

さて、子どもたちは……と言えば、怖いもの見たさかいつも真剣に聞き入っています。

書籍DATA

稲田和子:再話 赤羽末吉:絵
新刊時定価: 320円
出版社: 福音館書店
サイズ: 26×19cm  / 32p
発行年月日: 1996/8/1 こどものとも社版第2刷

★ 本の状態

本の状態 並下



・表紙にはスレ・キズ・シワ・角少イタミなどあります。
・カバーはありません。裸本です。
・天地小口は少し汚れがあります。
・本文は綺麗です。
・折り込み付録はついていません。
・ソフトカバーの雑誌です。