つな引きのお祭り たくさんのふしぎ108号

¥ 800 税込

加算ポイント:8pt

商品コード:

数量

1本のつなを力いっぱい引きあうことに人々がこめるる願いとは?

運動会のメインイベント、子どもたちにも大人気の「つな引き」。

そのつな引きに、大人や子ども土地の人々皆で興じるお祭りが、日本各地にはたくさんあります。

オづなとメづなに分かれたつなを一本に結び合わせ、力いっぱいひきあうことで、やがてくる季節の豊作や、子孫繁栄を願うのでしょうか。

秋田県刈和野の「寒中の大つな引き」では100メートルを越す綱を6000人もの人で引き合います。

鳥取県気高町の少年たちが引くつなは、ショウブを編み込んだた美しいつなです。

切ってはつなぎ切ってはつなぎしながら引きあうお祭りは、奄美大島の「つな切りつな引き」。

沖縄の糸満市では、海の向こうの神さまとつな引きをするお祭りだといわれています。

それぞれのお祭りで違いがあって面白いですが、稲ワラをよりあわせてつくった一本のつなを、力をよせあって引きあう「つな引き」には、勝ち負けにとどまらず、つなをにぎるすべての人に共通する願いがこめられています。

(出版社の内容紹介より)

書籍DATA

北村皆雄:文 関戸勇:写真 高頭祥八:絵
新刊時定価: 620 円
出版社: 福音館書店 
サイズ: 25×19 cm / 40 p
発行年月日: 1994/3/1 第1刷

本の状態

本の状態 並下

・表紙にはスレ・キズ・裏背付近に汚れなどあります。
・天地小口は汚れがあります。
・本文は綺麗です。
・折込付録のふしぎ新聞付き。
・ソフトカバーの雑誌です。