おんちょろちょろ 日本の昔話 こどものとも年中向き262号

¥ 300 税込

加算ポイント:3pt

商品コード: ISBN なし

リズミカルなお経とともにすすむ愉快な昔話

つかいに出かけた男の子は道に迷ってしまい、泊めてもらった家で、小僧さんになりすまし、インチキなお経を唱えます。

おじいさんとおばあさんは、でたらめなお経でも、それを信じ、一生懸命唱えたおかげで、泥棒を退治することができました。

男の子の窮余の策のユーモアと無邪気に信じてお経をあげるおじいさんとおばあさんの素朴さが心に残ります。

(出版社の内容紹介より)

★ おひさま堂からひとこと

梶山さんの描く泥棒は、それはもう大迫力で表紙から読者に迫ってきますが、やっぱり間が抜けた感じは否めなくて、とぼけた昔話にピッタリです。

読むごとに、少年・おじいさんとおばあさん・泥棒たちのそれぞれの立場に立って聞き比べると、面白さもドキドキ感も違ってくるから面白いです。

おなじみの昔話の再話は、瀬田貞二さんです。

★ 書籍DATA

瀬田貞二:再話 梶山俊夫:絵
新刊時定価: 380円
出版社:福音館書店
サイズ: 26 x 19 cm / 28p
発行年月日: 2008/1/1  通巻262号

本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズなどあります。
・天地小口は綺麗です。
・本文は綺麗です。
・折込付録の「絵本のたのしみ」はついていません。
・ソフトカバーの雑誌です。
▲トップへ戻る