まよなかのおはなみ こどものとも年中向き240号

¥ 300 税込

加算ポイント:3pt

商品コード:

数量

みんなが大好きなお花見ですが、真夜中のお花見に来るのは人間だけではありません?

満月の夜、ぼくがお父さんと散歩していると、電信柱が灯籠と連れだって歩いていきます。

ポストや狛犬も一緒にお花見にいくところでした。

川の土手では桜並木が満開で、町の信号機や公衆電話などが集まって、年に一度のお花見の会をしていました。

そして木の下から掘り出したかめには、去年の桜の花びらを集めて作った、花びら漬けがおいしそうにできあがっていたのです!

(出版社の内容紹介より)

★ おひさま堂からひとこと

普段は決して動けないものたちが、年に1度の夜桜見物に集まる……それが、とっても楽しそうです。

来年の準備も万端整って、今年のお花見も解散になりますが、夜空に浮かぶ桜色の木々が本当に美しく、温かな余韻を残します。

★ 書籍DATA

星野はしる:作 菅野由貴子:絵
新刊時定価: 380円
出版社:福音館書店
サイズ: 26 x 19 cm / 32p
発行年月日:  2006/3/1 通巻240号

本の状態

本の状態 並下

・表紙にはスレ・キズ・シワなどあり、裏表紙記名欄は黒マジックで塗りつぶされています。(写真2) 
・天地小口は綺麗です。
・本文は綺麗です。
・折込付録の「絵本のたのしみ」はついていません。
・ソフトカバーの雑誌です。