ぽとんぽとんはなんのおと ものがたりえほん36

¥ 300 税込

加算ポイント:3pt

商品コード:

数量

春を待つ熊の母子の交流と、季節の移り変わりを暖かい言葉と絵で描いた絵本

冬ごもりの穴の中で、クマの母さんはふたごの坊やを産みました。

坊やはおっぱいを飲んで少しずつ大きくなり、外から聞こえるさまざまな音は何の音とたずねます。

「かーんかーん」というのは木こりが木を切る音、しーんと静かなのは雪が降っている時、「つっぴいつっぴい」は、お天気でヒガラが歌う声、そして「ぽとんぽとんってなんのおと?」それはうれしい春の兆し。

(出版社の内容紹介より)

幼稚園や保育園への専売商品として、福音館書店の「こどものとも」の作品の中から、人気が高い良書36冊を選んで、定期配本の形でこどものとも社より販売されている「ものがたりえほん36」の中の1冊です。(配本年度は、下記書籍データをご参照ください)

★ おひさま堂からひとこと

樺太で、幼い頃からクマの存在を身近に感じながら育った神沢利子さんは、これまで『くまのこウーフ』などクマが登場する物語を数多く出されています。

秋の訪れは、古来より「風の音にぞ驚かれぬる」と歌われていますが、春もまた様々な音がその訪れを教えてくれるのですね。

季節の移り変わりを敏感に感じてきた日本人だからこそ、楽しめる絵本だと思います。

書籍DATA

神沢利子:作 平山英三:絵
新刊時定価: 380円
出版社: 福音館書店
サイズ: 26×19cm / 32p
発行年月日: 2003/3/1 こどものとも社版第3刷

★ 本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズ・小シワなどあります。
・カバーはありません。裸本です。
・天地小口はわずかに汚れがあります。
・本文は綺麗です。
・折込付録はついていません。
・ソフトカバーの雑誌です。
▲トップへ戻る