黄金の島椋鳩十の離島ものがたり1

¥ 1,800 税込

加算ポイント:18pt

商品コード: ISBN なし

数量

椋鳩十が実際に大崎下島を訪れ取材を重ねて著した、離島ものがたり第1弾

瀬戸内海に浮かぶ大崎下島は特殊な立地条件と時代の流れにより、貧しい瀬戸内の島の中で、何度も栄枯盛衰を繰り返してきました。

かつては、日本一のレモンの産地でもあり、日本で1番最初にミカンの缶詰ができた島でもあります。

このような輝かしい歴史を持ちながらも繰り返された激しい興亡のあとを辿りながら、その原因をも探っていく物語です。

(本書まえがきより)

★ 書籍DATA

椋鳩十:作 こさかしげる:絵
新刊時定価: 980円
出版 : ポプラ社
サイズ:22cm / 156p
発行年月日: 昭和61年4月 ほるぷ版第4刷

★ 本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズなどあります。
・カバーはありません。裸本です。
・天地小口は汚れが少しあります。
・本文は綺麗です。
▲トップへ戻る