あんちゃんが行く

¥ 400 税込

加算ポイント:4pt

商品コード:

数量

人は躓いたり転んだりしながら生きてゆくものです!

美空ひばりと誕生日がおなじだというのが自慢の、ぼくのあんちゃんは十九歳、ぼくと八つも年がはなれている。

中学の障害児学級を卒業して仕事についたあんちゃんは、あたまはよわいけど、気はやさしくて力もち、ぼくはずいぶん助けてもらった。

あんちゃんはいろいろなところではたらいたが、行く先ざきで騒動をおこし、なんどもクビになり、そのたんびに、安田センセのせわになった。

ある雨の日、あんちゃんはどこか品のある一人の老人をいえにつれてきた。

長井さんというその老人との出会い、あんちゃんの恋、そして、ぼくの初恋…。

いろんなことのあったあの一年。

ぼくはあんちゃんのすごさと、人を恋するせつなさを知ったのだった。

(出版社の内容紹介より)


★ 書籍DATA

丘修三:作 梅田俊作:絵
新刊時定価: 不明
出版 :岩崎書店
サイズ:22cm / 205p
発行年月日: 1993/6/15 第3刷


★ 本の状態

本の状態 並下

・表紙にはスレ・キズ・汚れなどあります。
・カバーはありません。裸本です。
・天地小口は汚れがあります。
・本文は綺麗です。