月の石

¥ 300 税込

加算ポイント:3pt

商品コード:

数量

「オトナ」になりきれない若者たちに贈る冒険ファンタジー

生命の源である月の光が失われようとしていたころ、少年ニコライは月の神殿につかえるエリアムの叫びを聞いた。

そして、それはすべてのはじまりだった…。

ニコライの寂しさに胸が熱くなる 本書は「少年ヨアキム」「夜の鳥」などで大変著名なハウゲン作品の近著です。

児童書の編集をやりながら子どもたちのために書き続けている彼の仕事ぶりは見事な本作品から読み取って頂けるでしょう。

家に残され、コソコソ何をやっているのかわからない両親のもとで誰にも助けを求められない少年の絶望感。

そんな小さな彼の心がひしひしとつたわってくるちょっぴりせつない内容です。

そして4つの世界が同時に進行するストーリーは映画を見ているような感覚になります。

地味な作品かと思われるかもしれませんがいままでのハウゲンの集大成のような作品です。

(出版社の内容紹介より)

★ 書籍DATA

トールモー・ハウゲン:作 細井直子:訳 
新刊時定価:1600円
出版 : WAVE出版 
サイズ : 19 x 13.4 cm / 327p
発行年月日:1999/12/25 初版第1刷

★ 本の状態

本の状態 並

・表紙カバーにはスレ・キズ、帯にシワなどあります。
・天地小口はわずかに汚れがあります。
・本文は綺麗です。