おにとあかんぼう

¥ 300 税込

加算ポイント:3pt

商品コード:

数量

昔話のような、鬼と赤ちゃんの温かな交流を描いたおはなし

山奥の岩穴に、鬼がひとりぼっちですんでいました。

ある日、寂しくなった鬼が、ふもとの村へ、遊びに行くと、村の人たちは、怖がってみんな逃げてしまいました。

そんな村人の態度に怒った鬼は、村を荒らして回りますが……。

★ おひさま堂からひと言

切なさは残りますが、『泣いた赤鬼』のような、やり場のない切なさではありません。

容貌だけで怖がられることに憤る鬼も、鬼の心根を感じて笑顔を返す赤ちゃんの純粋さに触れて温かな気持ちになったことでしょう。

鬼から赤ちゃんへの贈り物も、気が利いていますよ~。

書籍DATA

西本鶏介:作 梅田俊作:絵
新刊時定価: 1100 円
出版社: 金の星社
サイズ: 25.8 x 21.2 cm / 30 p
発行年月日: 1993/6 第7刷

本の状態

本の状態 並

・表紙カバーにはスレ・キズなどがあります。
・天地小口はわずかに汚れがあります。
・本文は綺麗です。