生きることの意味 ある少年のおいたち

¥ 300 税込

加算ポイント:3pt

商品コード:

数量

さまざまな衝突の中で死を考えるようになった少年が生きることの意味を考える

父と兄に見守られて育った幼い日々は、学校に通うようになって、がらりと変った。

小さな肩に背負いきれないほどのつらい出来事が彼を襲う。

さまざまな衝突をくり返し、死を考える彼をささえたのは、人間のやさしさだった。

戦時下の日本に生まれ、敗戦を迎えるまでの一在日朝鮮人少年のおいたちをたどりながら、人間が生きることの意味を考える。

(出版社の内容紹介より)

書籍DATA

高史明:作 水野二郎:絵
新刊時定価: 不明
出版社: 筑摩書房 
サイズ: 20cm / 260 p
発行年月日: 1997/4/5 第42刷

本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズ・背ヤケ・少汚れなどがあります。
・カバーはありません。裸本です。
・天地小口は少し汚れがあります。
・本文は綺麗です。