きつね三吉

¥ 400 税込

加算ポイント:4pt

商品コード:

数量

人か狐か? 三吉をめぐる不思議な出来事と意外な結末

むかしむかし、否含山(いなふくみやま)の麓の村に、一軒の鍛冶屋がありました。

鍛冶屋の親方は茂平と言い、たいへん腕の良い職人でした。

ある時、三吉と名乗る少年が、茂平親方に弟子入りしたいと訪ねてきます。

まだ、年も小さく、体つきもひ弱な三吉でしたので、親方は1度は弟子入りを断ったのですが、目を輝かせ、熱心に頼む三吉の様子を見て、弟子入りを許すのですが……。

佐藤さとるさんの昔話のような創作童話です。

書籍DATA

佐藤さとる:文 村上勉:絵
新刊時定価: 不明 現在は 1512円
出版社: 偕成社 
サイズ:  28 x 24 cm / 35 p
発行年月日: 1997/6 第22刷

本の状態

本の状態 並

・表紙にはスレ・キズなどあります。
・カバーはありません。裸本です。
・天地小口は汚れがあります。
・本文は綺麗です。
▲トップへ戻る